塗料とペンキは違うの?DIYをお考えの方はご一考を!

  New

前回のブログでは外壁塗装に使われる代表的な塗料を紹介し、性能やコストが異なることを解説いたしました。

お客さまと打ち合わせをしていると、「外壁用の塗料ってペンキと違うんですか?」という疑問もよく寄せられるので、今回は外壁用の塗料の成分や機能を、深掘りしてご紹介いたします。




■外壁塗料とペンキって何が違うの?


ペンキも広義で言えば塗料であることには変わりありませんが、外壁塗装の専門業者はペンキのことを塗料とは言いません。


ペンキはオイルペイントや合成樹脂調合ペイントのことで、前者はオイルを主成分に顔料や添加物を加えたもの、後者は長油性アルキド樹脂ワニスという、アルキド樹脂と油成分を混ぜ合わせたものです。


外壁塗料は建物を保護する機能をもっているのに対し、ペンキには紫外線や雨などに対する耐候性がないため、外壁に使うとすぐにヒビや剥離が生じてしまいます。

外壁のみならず、デッキなどのエクステリアも劣化してしまうので使用することはありません。


また同じ面積に塗装しても、乾くスピードがまったく異なります。塗装面積にもよりますが、ペンキを外壁に塗ったら乾くのに数日を要し、そのあいだに雨に降られたらたまったものではありません。ペンキは本来、劣化しても問題ないものや、小さな面積を対象に塗るもので、外壁には耐候性を備えた専用の塗料が使われます。




■外壁塗料の成分って何?



おうちの外壁を保護している塗料が、どのようなものでてきているかご存じですか? 

当たり前のように毎日見ている外壁ですが、塗料の成分となると意外と知らない……という方も多いことかと思います。


まずは樹脂。これは硬化して塗膜の主成分となるものです。前回、塗料をご紹介した際、「アクリル樹脂を原料とした塗料で……」という説明をしましたが、このように塗料の種類は樹脂に何を使っているかで性質が大きく変わってきます。


そして顔料。これは水や油などに溶けない微粉末です(透明なものは無色)。

顔料にも種類があり、塗料に色をつける着色顔料や、厚みを出して塗膜を強化・光沢の調整をする体質顔料、サビやカビに強い機能性顔料などがあります。


これらに添加剤を加えて、サビやカビや腐朽、凍結などを防止するさまざまな機能をもたらします。


以上が塗膜を構成する成分で、さらに溶剤が加わります。というのも、樹脂や顔料や添加物は固形のため、希釈しないと外壁に塗ることができません。溶剤は揮発するので蒸発して塗膜にはなりませんが、塗料の種類を大別する役割をもっています。




■塗料には油性塗料と水性塗料があります



塗料は溶剤によって、油性塗料と水性塗料というカテゴリーに分けられ、それぞれにメリット・デメリットがあります。

希釈に使うのが水ならば水性塗料、シンナーなどの有機溶剤を使っている場合は油性塗料となります。


水性・油性と聞かされると、水に溶けるか、あるいは油を使ったオイリーなものか、というイメージを抱きがちですがそうではなく、実はこの溶剤の種類による分類なのです。ですので前回ご紹介した塗料も、ウレタンなど同じ樹脂を使っていても、溶剤によって水性・油性に分類され、また特徴が異なってきます。


かつては油性塗料のほうが耐候性にすぐれている、というのが定説でしたが、最近では水性塗料も進化し、耐候性に関しては大きな違いはありません。ただし施工手間などが違ってきますので、それぞれの特徴を紹介しますね。




■水性塗料の特徴とは?



水性、と聞くと雨に濡れると溶けてしまいそうなイメージを受けますが、しっかり乾燥させて希釈のための水分が蒸発し、塗膜が硬化すれば雨で流れ落ちる心配はありません。

とはいえ施工が終わるまでは水に弱いのは事実。天気が良い日を選んで施工する必要があるので、業者の管理の腕が問われます。ただし最近では、雨の中でも施工できる水性塗料も登場しています。


また水性塗料は窯業系サイディングやモルタルなどの外壁材とは相性が良いものの、ステンレスなど金属板に対しては密着しにくい傾向があります。


もう一つ、油性塗料との大きな違いは「におい」にあります。油性塗料は溶剤にシンナーを使っているため、においがきつめの傾向が。水性塗料ならば、このようなにおいがありません。




■油性塗料の特徴とは?



油性塗料は安定した耐久性や防汚性があることはもちろん、作業が天候に左右されにくく乾燥も早いのが特徴です。また密着性が高いので、たいていの外壁材と相性が良いのもメリットの一つ。


一方でシンナーのにおいや、「VOC(揮発性有機化合物)」という人体によくない影響をもたらす成分も排出するため、近隣への配慮が必要です。

最近では、こうしたにおいや成分を低減した塗料も登場していますが、住宅密集地で隣家との距離が近いようなら水性塗料のほうがトラブルを避けるうえでは安心です。




■外壁塗装はDIYにせず地元のプロに相談を!



水性塗料あるいは油性塗料だから経年劣化が早く進んでしまう……ということはなく、耐用年数は樹脂や顔料、添加剤などのグレードや配合、組み合わせで総合的に決まるものです。


まずは前回ご紹介した塗料の種類を選んだ上で、そこから水性塗料にするか油性塗料にするかは、現在の外壁の材料や劣化の程度、また近隣の状況や工事を行なう時期などとあわせて考慮するべきです。

ただしこれを一般の方が判断するのは難しいので、やはり家を守ってくれる外壁塗装はプロに依頼すべし。


外壁塗装なら気軽にDIYできると思われている方も多くいらっしゃいますが、やってみて後悔されるパターンが多く、うまくできずに家の寿命も縮めてしまったという悲しい声も。

外壁のDIYに必要な材料はホームセンターでも一式購入できますが、足場を組んで高所の作業となるため危険が伴います。

また傷んでいる箇所があったら充填剤で埋めてサンドペーパーで磨いて平滑にするなど、適切な処理を施さなければならないため、一般の方にはおすすめできません。




■外壁塗装のDIYにはこんなリスクが!



材料費と自分の労力だけでできるのがDIYの魅力ですが、その材料費にしても思いがけない出費を強いられます。ハケや家庭用高圧洗浄機は比較的安価ですみますが、外壁保護の性能を左右する塗料を含めると、約30坪の一戸建ての外壁のために、DIYでも50〜60万ほどの費用がかかります。


これに高所作業や、下地作業がうまくいかなかった場合の塗り替えや雨漏りやなどのリスクを考えると、やはり地元のプロの塗装業者に依頼するのがいちばん。

下地補修作業も、補修箇所の見極めを誤ると、せっかくの塗装が意味をなしません。また専門職でないと補修しきれないヒビやキズというのもあり、家の寿命にかかわることは、プロに委ねるのが安心です。




■外壁塗装は地域密着型のKRにお任せください!



神奈川県横浜市都筑区の株式会社KRは、地域密着型を掲げて年間実績は200棟に及び、創業以来クレーム・トラブルもゼロというのが自慢です。

スタッフは腕利きぞろいの上、営業担当も知識が豊富で、ご質問いただいてもすぐにその場でお答えできるので安心できると評判です。

アフターフォローにも定評があり、1年、5年、10年置きにメンテナンスを実施。不具合があれば無償対応しており10年の工事保証もしっかりとつけられます。


屋根・外壁塗装のみならず屋根・雨樋の修理やメンテナンス、防水工事も承っております。

お客さまの目的やお悩みに寄り添った提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください!

アーカイブ

人気記事